森田 賢

森田 賢

取締役 兼 CTO (最高技術責任者)

MasaruMorita

Index

Experience
  • 2020- Current

    取締役 兼 CTO

    KiQ Robotics 株式会社
    ソフトウェア開発を統括。
  • 2012- 2020

    Software Engineer

    株式会社 安川電機
    インフラ・プラントで利用される高信頼性システムコントローラのソフトウェア開発を担当。 特に、プラントの中央管理室で用いられる監視制御装置(HMI)の開発をリード。
  • 2010

    Internship

    国立研究開発法人産業技術総合研究所
    ヒューマノイド研究グループで二足歩行ロボットの機能拡張に関するハンズオンプロジェクトを遂行。
Education
  • Current

    博士後期課程 大学院生 (社会人ドクター)

    九州工業大学 大学院 工学府 工学専攻
    産業用ロボット、自律移動ロボット、確率論、人工知能に関する研究に従事。
  • 2012

    修士(情報科学)

    東北大学 大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻 修了
    修士論文題目:「部品ハンドリングのためのビジュアルサーボに関する研究」 GPA: 4.0/4.0
  • 2010

    Summer Program

    KTH Royal Institute of Technology (Stockholm, Sweden)
    現地学生とハイパフォーマンスプログラミングに関するハンズオンプロジェクトを遂行。
  • 2009- 2010

    Exchange Program

    Pennsylvania State University (U.S.A)
    情報科学技術専攻科でプログラミングとコンピュータビジョンを、 機械工学専攻科でロボット工学を学ぶ。 現地学生とハンズオンのロボット開発プロジェクトを遂行。 GPA: 3.85/4.0
  • 2009

    学士(工学)

    東北大学 工学部 機械知能・航空工学科 卒業
    卒業論文題目:「FPGAを用いた高速ラベリングのための隣接画素ブロック並列処理アーキテクチャに関する研究」
Awards
  • 2016

    Best Student Paper Award

    The International Conference on Information and Communication Technology Robotics 2016 (ICT Robotics 2016)
  • 2016

    マイルストーン3(全コース完走)

    つくばチャレンジ 2016
  • 2016

    優秀賞・ロボティクス賞(W受賞)

    IBM Innovative Hackathon 2016
  • 2015

    最優秀論文賞

    第25回 インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN 2015)
  • 2012

    学術奨励賞 研究奨励賞

    公益社団法人 計測自動制御学会 2012年度 学会賞
  • 2012

    優秀発表奨励賞

    公益社団法人 計測自動制御学会 東北支部 第271回研究集会
  • 2009, 2010

    Exceptional Academic Success Awards (Autumn & Spring)

    The Office of Global Programs at Pennsylvania State University
Certifications
  • 2015

    第三種 電気主任技術者

    一般財団法人電気技術者試験センター
  • 2015

    中国語検定 3級

    一般財団法人日本中国語検定協会
  • 2011

    TOEFL iBT 93

    Educational Testing Service(ETS)
  • 2010

    画像処理エンジニア検定 エキスパート

    公益財団法人 画像情報教育振興協会 (CG-ARTS協会)
  • 2010

    TOEIC L&R 910

    Educational Testing Service(ETS)
著書
  1. 西田 健, 森田 賢, 岡田 浩之, 原 祥尭, 山崎 公俊, 垣内 洋平, 田向 権, 齋藤 功, 大川 一也, 田中 良道, 有田 裕太, 石田 裕太郎, “実用ロボット開発のためのROSプログラミング,” 森北出版, 2018.
学術論文
  1. Masaru Morita, and Takeshi Nishida, “FAST-MAP: An adaptation of the Maximum A Posteriori Estimation Technique using a Particle Filter and an Adaptive Vector Quantization to Reduce Processing Time,” (submitted).
  2. Masaru Morita, Takeshi Nishida, Yuta Arita, Mirei Shige-eda, Enrico di Maria, Roberto Gallone, and Nicola Ivan Giannoccaro, “Development of Robot for 3D Measurement of Forest Environment,” Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 30, No. 1, pp. 145-154, 2018.
  3. Masaru Morita, and Takeshi Nishida, “Development of state estimation filter simulator built on an integrated GUI framework,” Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 20, No. 5, pp. 721-729, 2016.
国際学会
  1. Masaru Morita, and Takeshi Nishida, “Fast Maximum A Posteriori Estimation using Particle Filter and Adaptive Vector Quantization,” (submitted).
  2. Masaru Morita, “Development of Pick and Place Robot System of MotoMINI using ROS and MATLAB/Simulink,” In Proc. of The Twenty-Fifth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2020 (AROB2020), GS17-6, pp. 474-477, Beppu, Japan, Jan. 22-24, 2020.
  3. Masaru Morita, Yuta Arita, Ryodo Tanaka, and Takeshi Nishida, “Development of autonomous mobile robot for Tsukuba challenge by applying ROS,” In Proc. of The Twenty-Fifth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2020 (AROB2020), S14-1, pp. 365-370, Beppu, Japan, Jan. 22-24, 2020.
  4. Masaru Morita, and Takeshi Nishida, “Fault detection using particle filter and likelihood ratio test,” In Proc. of The Twenty-Fifth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2020 (AROB2020), GS11-7, pp. 294-298, Beppu, Japan, Jan. 22-24, 2020.
  5. Masaru Morita, and Takeshi Nishida, “Noise Removal of Depth Sensor Using Particle Filter,” In Proc. of 2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2020), TuTC.3, pp. 996-1001, Honolulu, U.S.A, Jan. 12-16, 2020.
  6. Ryo Kabutan, Ryodo Tanaka, Shinji Oomori, Masaru Morita, Eiichi Inohira, Kaori Yoshida, Hiroshi Ohtake, and Takeshi Nishida, “Development of robotic intelligent space using multiple RGB-D cameras for industrial robots,” In Proc. of International Conference on Information and Communication Technology Robotics (ICT-ROBOT 2016), ThBT3.5, Busan, Korea, Sep. 7-10, 2016.
  7. Yuta Arita, Enrico di Maria, Roberto Gallone, Masaru Morita, Kouta Okubo, Nicola Ivan Giannoccaro, Mirei Shige-eda, and Takeshi Nishida, “Development of a Mobile Robot Platform for 3D Measurement of Forest Environment,” In Proc. of International Conference on Information and Communication Technology Robotics (ICT-ROBOT 2016), ThBT3.2, Busan, Korea, Sep. 7-10, 2016.
  8. Ryodo Tanaka, Ryo Kabutan, Shinji Oomori, Masaru Morita, and Takeshi Nishida, “Development of Industrial Picking System,” 4th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2016), Kitakyushu, Japan, Dec. 17-18, 2016.
  9. Masaru Morita, Shingo Kagami, Koichi Hashimoto, and Kazuhiro Kosuge, “Marker-less 6-DoF Pose Estimation of Industrial Wire-Harness Components from Shapes in 2-D Images,” In Proc. Of 43rd International Symposium on Robotics (ISR2012), Taipei, Taiwan, Aug. 29-31, 2012.
  10. Shingo Kagami, Masaru Morita, and Koichi Hashimoto, “3D Object Pose Estimation from Binarized Images,” In Proc. of SICE Annual Conference 2012 (SICE2012), Akita, Japan, Aug. 20-23, 2016.
国内学会
  1. 森田 賢, 西田 健, “適応ベクトル量子化によるパーティクルフィルタにおけるMAP推定の高速化法 FAST-MAP の提案“, 第7回計測⾃動制御学会制御部⾨マルチシンポジウム, 3I1-3, 徳島, 3月2-5日, 2020 (accepted).
  2. 森田 賢, “ROSとMATLABの連携によるマニピュレータ制御システムの構築とその実装法“, 第7回計測⾃動制御学会制御部⾨マルチシンポジウム, 2I2-3, 徳島, 3月2-5日, 2020.
  3. 森田 賢, “パーティクルフィルタと適応ベクトル量子化によるMAP推定法の評価と検討,” 計測自動制御学会東北支部55周年記念学術講演会, P10, 仙台, 12月16日, 2019.
  4. 森田 賢, 藤本 貴之, 西田 健, “パーティクルフィルタにおける粒子分布の監視による異常検知手法の検討,” 計測自動制御学会東北支部55周年記念学術講演会, P09, 仙台, 12月16日, 2019.
  5. 森田 賢, “ROSとMATLAB®を活用したMotoMINIのピック&プレースシステム導入検証(ROS ToolboxTM によるロボット開発プロセスの効率化),” 計測自動制御学会東北支部55周年記念学術講演会, B05, pp. 50-53, 仙台, 12月16日, 2019.
  6. 森田 賢, 有田 裕太, 田中 良道, 西田 健, “つくばチャレンジにおけるシニアカー型自律移動ロボットの開発(ROSの活用による開発プロセスの効率化),” 計測自動制御学会東北支部55周年記念学術講演会, B04, pp. 46-49, 仙台, 12月16日, 2019.
  7. 森田 賢, 西田 健, “パーティクルフィルタを用いた深度画像のノイズ低減,” 第38回計測自動制御学会九州支部学術講演会, 1A2, pp. 5-8, 宮崎, 11月30日, 2019.
  8. 森田 賢, 西田 健, “パーティクルフィルタと尤度比検定による異常検知,” 計測自動制御学会 東北支部 第326回研究集会, 326-13, 仙台, 11月15日, 2019.
  9. 西田 健, 藤本 貴之, 森田 賢, “パーティクルフィルタによる状態推定と異常検知,” 第37回 計測自動制御学会 九州支部 学術講演会, 101A4, 沖縄, 11月23-24日, 2018.
  10. 有田 裕太, 森田 賢, 田中 良道, 西田 健, “九州工業大学 CIR-KIT A のつくばチャレンジへの取り組み,” 平成28年度つくばチャレンジシンポジウム, 2017.
  11. 西田 健, 森田 賢, “パーティクルフィルタによるFDIR機構構築の取り組み,” 逐次モンテカルロ法の多分野への水平展開と総合による知見の集約, 統計数理研究所共同研究リポート367, pp.73-78, 2016.
  12. 田中 良道, 有田 裕太, 島田 健人, 大森 真治, 森田 賢, 西田 健, “ホームロボットによる身体的弱者支援のためのユーザインタフェース開発,” 第16回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 3K1_5, pp.2621-2624, 名古屋, 12月14-16日, 2015.
  13. 有田 裕太, 森田 賢, 西田 健, “パーティクルフィルタによる多峰性事後確率分布からのMAP推定手法の比較と検討,” 第16回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2E2_3, pp.1361-1366, 名古屋, 12月14日-16日, 2015.
  14. 森田 賢, 西田 健, “状態推定フィルタ統合シミュレータ StefAny の開発,” 第25回 インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN 2015), A402, pp.121-126, 仙台, 9月24-25日, 2015.
  15. 森田 賢, 鏡 慎吾, 橋本 浩一, 小菅 一弘, “ワイヤハーネス部品の教示軌道追従のためのビジュアルサーボ,” 計測自動制御学会 東北支部 第271回研究集会, 271-4, 仙台, 3月12日, 2012.
  16. 槙 優一, 戸澗 宏太, 森田 賢, 鏡 慎吾, 橋本 浩一, “人・ロボット・コンピュータのインタラクションのためのディジタルデスク環境の構築,” 計測自動制御学会 東北支部 45周年記念講演会, 2301, 盛岡, 9月8日, 2009.
講演
  1. 森田 賢, “ROS と MATLAB を活用した産業用ロボットのピッキングシステムの導入検証,” ROSCon JP 2019, 東京, 9月25日, 2019.
  2. 森田 賢, “ROSによる今後のロボティクスのあり方,” ロボティクスの未来 YASKAWA Mirai Tech #1, 東京, 9月24日, 2019.
  3. Masaru Morita, “Implementation Verification of Picking System for Industrial Robot using ROS and MATLAB,” ROS-Industrial Asia Pacific Workshop 2019, Singapore, Jun. 18-19, 2019.
  4. 森田 賢, “ROSとMATLABを活用した産業ロボット用ピッキングシステムの導入検証,” MATLAB EXPO 2019 JAPAN, D1, 東京, 5月28日, 2019.